JavaScriptを学習する上で参考にした書籍

本屋で立ち読みしたり、実際に購入して読んでみたりして感じたことを記載しています。

JavaScript「超入門」

この本はJavaScript初心者の方には非常におすすめの一冊です。

図解でわかりやすいですし、専門用語が少なめなので理解しやすいです。バックエンド開発言語のJavaScriptは本当に苦手で何度も逃げてきましたが、この本のおかげでJavaScriptでのweb制作が楽しくなりました。

超基本的な内容(オブジェクト、イベントなど)や実際にJavaScriptを持ちいたプログラム(カウントダウンタイマー、プルダウンメニュー、スライドショーなど)を作成する方法、jQueryなどが記載されています。

  • documentオブジェクトとは
  • getElementByIdとは
  • 最新のJavaScriptとは

独習JavaScript新版

私がこの本を購入したのは、ネットの情報が正しいのか判定するためです。

ネット記事の多くは同じ用語でも説明の仕方が多種多様です。わかりやすく噛み砕いて説明してくださっている記事もあれば、専門用語だらけで深い階層まで理解したい人向けの記事もあります。

そのため、基礎の基礎を信憑性のあるところから仕入れたいという思いが購入経緯です。

実際のところ、『e.target』の意味がイマイチ理解できなくて、ちゃんと理解したくて本屋に行ったらこの本に出会いました。

レベル的には中級レベルである程度コーディングができるようになってきたと感じ始めたら読み始めてもいいかもしれません。

嬉しい内容としては、演算子などが一覧になっていて調べやすいところもいいです。ネットで調べても出てきますが、一覧ではなくピンポイントで出てくることが多いので、俯瞰調査の場合はやっぱり本のほうが見やすくていいと思います。

つくって楽しいJavaScript入門

こちらの本は、文字通り実際にプログラムを作成しながらJavaScriptを学べる本です。

まったくJavaScriptのことを知らない人はJavaScriptでどんなことができるのか理解できるので、本屋で立ち読みでもいいので一度読んでみることをおすすめします。

0から自作でコーディングするようなプログラムもあれば、WebAPIのような既存プログラムを用いて応用編集するようなプログラムも紹介されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました