ボタン1つで高機能プログラムを無料で導入できる! プラグインについて徹底解説

WordPressプラグインの簡単解説

プラグインとは

プラグインとは、簡単に言うと、機能が詰まっているソフトウェアです。『有効化』というボタンを押すだけでそのソフトウェアを起動させることができます。

マクドナルドのハッピーセットみたいなイメージですね。自分でプログラムを編集せずとも使用することができるので、初心者の方は絶対に知っておいたほうがいいです。
(プラグインのおかげで今もブログの運営ができているといっても過言ではありません。)

試しに、便利なプラグインを一つ紹介してみます。

  • プラグイン名:Highlighting Code Block
  • 機能: プログラムコードを見やすく表示させる(以下生成例)
<div>
    <div class="copy-box copy-text">
        <div class="hcb_wrap">
            こちらにコードを入力してください。
        </div>
    </div>
    <div class="btn-copy">
        <span class="btn-copy-text">
            Copy
        </span>
    </div>
</div>

このプラグインは、プログラム言語の勉強用にブログを立ち上げる人向けかもしれませんが、WordPressのプラグイン>新規作成から検索して、以下のブロックで『今すぐインストール』を押すだけですぐにインストールすることができます。

もう少し具体的に説明すると、HTML、CSS、JavaScriptに加えてPHPのプログラムで構成されているのでプログラム言語を多少理解していれば、プラグイン自体を編集も可能になっています。

では、これからさらにプラグインのメリットについて説明します。

プラグインのメリット

このプラグインのメリットは以下となります。

  • 初級: プラグインは、ボタン一つで簡単インストールできる
  • 初級: 多種多様なプラグインが存在するため、たいてい悩みごとを解決できる
  • 初級: プラグインの更新も、ボタン1つで可能(設定すれば自動更新も可)
  • 中級: プラグイン自体を自分好みにカスタマイズできる(*条件あり)
  • 上級: 自分でプラグインを自作することもできてしまう

先ほどもお伝えしましたが、ボタン一つで簡単にインストールできてしまいます。そんな便利なプラグインは、とてもたくさんの種類があります。使えるプラグインをご紹介しますね。


Google Analytics for WordPress…

Site Kit by Google
Wordpresの分析に必要Google Analyticsとの連携に使えます。Google AdsenseやSearch Console(さちこ)との
連携に必要になります。

PS Auto Sitemap

XML Sitemap
サイトマップの自動生成に必要です。
見栄えを変えたい場合は、CSSで編集が必要
サイトマップの例はこちら
サイトマップを自動生成させることができます。
見栄えを変えたい場合は、CSSで編集が必要
サイトマップのイメージはこちらをご覧ください

Conditionally display featured image…

WordPress Ping Optimizer
投稿時のサムネイル管理がしやすくなります。
通常は記事内の一番上にサムネイル画像が自動生成
しかし、このプラグインによってその自動生成を防止可能
このプラグインをインストールして、
所定の設定を行うと、外部サイトからアクセスを増やすことができます。

被リンク対策向けですね。

WP Fastest Cache

Aurora Heatmap
キャッシュを削除するために使います。
WordPress内で不具合があった際は、
よくつかっています。
分析ツールの一つで、ユーザーがどこをクリックしたのか
色で可視化できます。サイト内のレイアウト調整によく使います。

この中から一つ紹介すると、Aurora Heatmapは画期的なプラグインだと思います。

以下の画像のように、サイト内のどこをクリックしたのかをヒートマップで分析することができます。なので、不要な内容を削除して、記事を書き直す(リライト)によく活用しています。
あとは、『クリックしてる!』と自分のモチベーションを上げるためにはいいですね。

プラグインの更新方法は、WordPressのダッシュボードの『更新』をクリックして、

更新したいプラグインの左側にチェックボックスがあるので、クリックしてチェックをつけてから、『プラグインを更新』をクリックするだけで簡単に更新させることができます。

また、プラグインは、WordPressの備え付けの『プラグインエディター』で編集することができますが、プログラム言語を扱うため、本記事では扱わないことにします。

プラグインのデメリット

プラグインはメリット満載で使用することもありますが、デメリットもあります。デメリットも理解したうえで効果的に使用することが大切です。

  • WordPressのテーマが更新した際に、プラグインも更新させないと互換性がなく機能しないことがある
  • プラグインをたくさんインストールすると、プラグインのコードをすべて読み込もうとしてサイト表示速度が低下する
  • プラグイン同士が干渉することがある(デザイン面(CSS)ではよくあり、正しく表示されない)
  • 自作でプラグインを編集した場合、更新のタイミングで編集コードが上書きされてしまうことがある

プラグインは良くも悪くも、マクドナルドのハッピーセットみたいなものです。自分が飲み物いらないと思ってもセットだからついてきてしまうような感じです。つまり、自分が必要としない機能も盛り込まれた状態で一つのプラグインになっていることが多いので、たくさんプラグインをインストールするとその分無駄なコードが増えることになり、サイトの表示読み込みに影響を与えます。

なので、基本は自作コードがお勧めですが、コードを自作できない人や時間がなくてコーディングが面倒人もいるので、最小限のプラグインを導入するのは個人的にはありかなと思います。

このようなデメリットを考慮して、プラグインを使用すると、効果的に使うことができると思います。

一つだけ例を挙げるとすると、先ほど挙げたデザイン面での説明がクリアに伝わるかと思います。

Quiz Catと呼ばれるクイズ作成プラグインは、タイトル文字サイズは45pxで固定されています。なので、WordPressのテーマのフォントサイズ18pxと干渉します。
しかし、Quiz Catは、!importantでフォントサイズの優先度を上げているので、結果、45pxのフォントサイズになります。

これがデザイン(CSS)での干渉事例です。プラグイン同士でもよくなります。

/*Quiz Catのフォントサイズ設定*/
div.fca_qc_quiz p.fca_qc_quiz_title {
    font-size: 45px!important;
}

コメント

タイトルとURLをコピーしました